手指のみで行う療法

血液循環療法院きたむら


【器具や薬を使用しない】

 

血液循環療法は、毛細血管網の循環を促進することにより、コリや痛みを改善する治療法だ。器具を一切使用せず手指だけで行い、さまざまな症状に対応する。歴史は古く、明治時代まで遡る。全国各地で多くの血液循環療法士が活躍しているが、高知県でその施術を受けられるのが、血液循環療法院きたむらだ。

 

血液循環療法院きたむらの北村院長は元薬剤師。仕事として薬を処方する中で、もっと目の前の患者さんの力になりたいと考えていたところ、血液循環療法と出会ったという。「正直言って最初は半信半疑でした()。でも施術を受けて体が軽くなったのを実感し、この道を進もうと決めました。」と北村院長。

  

同院で施術を受けるのは女性が多く、年代も20代から70代までと幅広い。肩こり・腰痛・ひざ痛・冷え性・耳鳴り・めまい・自律神経失調症など、多くの症状に改善が期待できる。また、腹部治療法に特徴があり、硬化した内臓や血管の循環を改善して内臓機能の活性化を図る。

【おしゃべりも楽しんで】

 

北村院長「薬を使用する治療ではないので、即効性があるというより、施術を続けていただくことで徐々に改善していく場合が多いです。血液の循環を良くすることで、その人本来の自然治癒力を高めることができます。女性は、体が冷えている方が本当に多いと感じるのですが、血液循環療法により改善したというお声をいただきます。冷えは万病のもと。体を冷やさないための食生活のアドバイスもしています。」

 

北村院長は食べ物に対してもこだわりが強く、さまざまな種類の野菜を自分で栽培するほど。「無農薬の野菜を食べたいと思っていたら自家栽培に行きついた。」と笑う。

 

元薬剤師の北村院長に薬の相談をする患者さんも多い。博識な北村院長とのおしゃべりを楽しめるのも魅力のひとつ。高知市内から車で45分程度。宮の口バス停を越えてすぐ右手に入り道なりに進む。黄色の看板が目印。道中の景色を楽しめながらドライブがてら出かけてみては。


宮ノ口バス停を越えたらすぐ右へ 黄色い看板が目印
宮ノ口バス停を越えたらすぐ右へ 黄色い看板が目印

血液循環療法院きたむら

完全予約制・出張治療可

電話:090-7574-7856

住所:香美市土佐山田町宮の口574-1