第2回 高知の女性に届けたい!株式投資の世界と可能性

 

どうして投資が必要なの?高知にすむ私たちに必要な知識とは。トレーダーズアカデミー高知校事務局の福原さんにお伺いしました。トレーダーズアカデミーについてはコチラ


皆さま、こんにちわ!事務局の福原です。昨年9月、全国13校目として高知校を開校し、お陰様でこれまでたくさんの方々が株講座や体験授業にお越しくださいました。そこで今回お話したいのは、なぜ私が「高知の女性に株式投資の知識を!」と発信しているか?というところです。

 

当校は株式投資の技術を身につけていただく学校ですが、必ずしも株が誰にとっても最善の投資方法であると申し上げるつもりはありません。経済状況やお金に対する考え方は、ご家庭により大きく異なるものだと思っています。なので、それぞれの目的ごと価値観に合った「お金の守り方・活かし方」を選択していけば良いのではと考えています。ですが、残念ながら高知は地方都市ということもあり、お金に関する情報が浸透するのが非常に遅いのが現実です。

 

また、おおらかな気質の高知県人。私も生粋の高知県人ですが、個人的には、お金に関するリテラシーの高い県民性とは言い難いと感じています。つまり、物理的に情報が浸透するのが遅いことに加え、情報を得たいという意欲も割と消極的な為、ニーズは大いにあれども「お金をどう活かしていくかの選択肢そのものを持っていない」という方が多いように思います。

日々節約しながら、「子どもの教育資金や老後への備えなど、目的に合わせて頑張って貯金している」という方をたくさん知っています。この記事を読んでくださっている皆さまもきっと、少しでも貯蓄を増やそう家計をやりくりされているのではないでしょうか。しかし、現実はというと、今の日本はただ銀行に貯金しているだけでは皆さまのお金は目減りしているのです。頑張って貯金していても、お金が増えるどころか減ってしまっているという現実を知っていただきたいのです。

 

普通預金の金利は0.001(※1)と非常に低く、預けておくだけで預金が増えるという時代はもはや幻となりました。それに加え、日本は物価の上昇が著しく、毎日の生活に必要不可欠な食品や日用品まで値上がりが止まりません。物価の上昇は、主婦の皆さんが一番実感していらっしゃると思います。※1:四国銀行HP参照(20191214日現在)

 

この物価の上昇が、貯蓄を増やしたい皆さまの努力と結果の常識を逆転させてしまうのです。この前まで1100円で買えてたものが今日から120円になっている…100円では買えなくなった。同じ金額だけど、あれ…なんか中身少ないぞ???こういった経験あると思います。私が子供の頃の記憶では、よくおつかいで買いに行った特売の卵は1パック100円でした。でも今はどうでしょうか。。。ちなみに消費税はありませんでした。

 

東京ディズニーランドの1dayパスポートは、37年前の開園当初は3,900円でしたが、現在は7,500円です。このように、物価が上昇するということは、「お金の価値が下がる」ということに等しいのです。例えば、300万円銀行に預け10年間放置しておいたとしましょう。「預けた時には車1台買える金額だったのに、今は同じ車を買うにも○○万円も足りない」という事態になるのです。

 

頑張ってやりくりして貯蓄しても、これは悲しい結末ですよね。同じ金額を出しても、物価の上昇により対価として得られるものが確実に減るのです。なので、直接投資でも間接投資でも、お金は物価の上昇率よりも高い利率で運用しているところに置いておかないと、貯蓄は増やすどころか守ることすらできないのです。価値あるものに替えることができて初めてお金は意味を持ちます。知らないことが原因で悲しい結末に陥らないためにも、女性の皆さまにこそ、「お金の守り方・活かし方」を正しく知っていただきたいのです。物価が上がり!給料は上がらず!年金もどうなるのか見通しが立たない!こんな時代だからこそ、「自分のお金は自分で守る」という意識を持ち知識を得ていただきたいのです。

「お金の守り方・活かし方」に関心を持つと、必然的に世の中のあらゆる出来事にも関心を持つことになります。世の中の動きを詳しく観察していると、自分が今どんな状況に置かれているのかを知ることもできます。日本政府や行政機関の支出が税収を上回り、累積債務が拡大し続けていることは、皆さまご存知だと思います。国は毎年新しく国債を発行して歳入の不足分を賄っています。その額なんと30兆円以上!(※2)

 

このことを家計に置き換えて考えると、生活に必要なお金が収入だけでは足りず、毎年借金をし続けているといった状態です。あまりピンと来ない方もいらっしゃるかもしれませんが、例えば「世帯収入600万円のご家庭が、毎年200万円ほどの借金を増やしている」と思っていただくとイメージできるのではないでしょうか。その結末が私たちの老後や子供たちの未来だと考えると…恐ろしいですね。この国債発行額は、メディアなどでよく「国の借金」「国民一人当たり◯◯万円」というような表現をされています。※2:財政に関する資料参照(財務省2019年現在)

 

財政から見てもわかるように、残念ながら今後しばらくの間は、日本経済が上向く可能性は限りなくゼロに等しいと言っても過言ではないようです。少子高齢化による人口減少も、それを顕著に表しているのではないでしょうか。日本全体で見ると、200412月に人口増加のピーク(12,784万人)を迎えた後は急激に減少しています。総務省の長期的推移によると、2050年には1億人を割り(9,515万人)、人口の約4割が高齢者という時代を迎えます。

 

高知県はどうでしょうか。皆さまは「高知県の人口」を聞かれたら何万人と答えますか?

 

年齢をうかがわせる話ですが、私は学生時代社会科の授業で「80数万人」と習った記憶があります。ですが、実は高知県の人口が80万人を超えていたのは平成16年が最後です。それ以降は減少の一途を辿り、現在では697,277(※3)にまで減っています。80万人どころか、70万人をも下回っているとは驚きですよね。※3:高知県の推計人口月報参照(令和元年111日現在)

 

では、人口が減っている現在の日本の年金はどうなっているでしょうか。今の制度ですと、65歳から老齢基礎年金が支給されます。例えば現在45歳の方は、ちょうど20年後から年金が支給されることになります。その支給額は、年間780,100円です。(※4)1ヶ月あたりで計算すると、65,008円になります。20年後の生活費を年金で賄うと考えると、かなり不安になる金額ですね。老後の備えとして、「年金以外に2,000万円が必要」と厚生労働省が発表したことも不安材料のひとつになっていると思いますが、もはや、日本という国に老後の生活を託せる時代は終焉を迎えたという現実を私たちは知るべきなのです。

 

特に、高齢化と人口減少が進む高知で生活する私たちはなおさら、お金について真剣に考える必要性があるのではないでしょうか。私は将来、少しでも経済的にゆとりのある生活をしたいと思っていますし、孫が遊びに来た時には「おこづかい」をあげられるおばあちゃんでありたいと思いながら資産運用を学んでいます♪※4:日本年金機構HP参照

 

未だかつて、人口が減少して経済が上向いた国はひとつもありません。今の日本の状況をしっかり見極め、今後自分がどうしていくかを選択していくチカラが必要になります。「お金の活かし方」もそのひとつ。なにかしら行動を起こさなくては、守ることも攻めることもできません。株式投資を含めた資産運用は、いわば「攻め」の要素が大きいと考えられますが、適度の攻めこそが「守る」ことへと繋がるのをすでに投資を始めている人たちは知っているのです。何もしないでいることがリスクになる時代。積極的に自分のお金を活かすことができる方法のひとつが株式投資の世界です。

 

日本の経済は暗い話題も多いですが、海外へ目を向けると全てがそうとは限りません。地球規模で見れば人口は増加していますし、経済が上向きの国もたくさんあります。世界が近くなった現代だからこそ、視野を広げて世界情勢にも興味を持ってみませんか?その一歩の行動こそが、これからの人生100年時代を生き抜くチカラに繋がっていくと思います。

 

トレーダーズアカデミーでは、株講座や体験授業を毎月実施しています。いろんな方にご参加いただきたいのですが、特にオススメしたいのは、「お金がないから投資なんて無縁!」と思っている方たちです。そういう方は、「投資=お金儲け」「投資=数百万単位のお金」だと勘違いしているように感じます。そういった投資のやり方もあると思いますが、本来お金を稼ぐことと大切な資産を運用することは違うのです。

 

資産運用とは、その金額に関わらず自分の資産を着実に守り、活かしていくための手段です。「お金を稼ぐ=贅沢できる」という時代は終わり、お金は増やす前にまず守らないといけないのです。「お金がないから投資なんて無理」なんていう方こそ知らなくてはいけない情報がたくさんあると思います。当校の講師陣は全員現役のトレーダーでもあります。彼らのセミナーは、一般的にアナリストと呼ばれる方たちが何かの目的で行うようなお金のセミナーとは一線を画しています。実際の株式投資の世界がどういうものか、トレーダーズアカデミーの株講座や体験授業で是非一度体感してみてください。

 

興味があるけど講座に参加するのは何となくハードルが高い…というご意見もいただきましたので、本年より株式投資やトレーダーズアカデミーについてお話できる女性限定のお茶会を設けることになりました。こちらは講座や体験授業前にご参加いただける学校説明を兼ねた、プレスクールのような位置付けです。トレーダーズアカデミーに関するご質問はもちろん、どこのご家庭にもある家計のお悩みや、お金にまつわる課題など、漠然と抱えていた不安を洗い出してみるきっかけにもなると思います。女性限定ですし、ぜひ気楽にいらしてくださいね。


トレーダーズアカデミー高知校

電話:0120-698-504

住所:東京都中央区銀座1-20-16 岡安ビル7F

メール:kochi@traders-academy.jp

HPhttps://traders-academy.jp/seminar/kochi.html