11回 AINA流インナービューティー術

 

すっかり秋めいた気候になり、過ごしやすくなってきましたね。もしかして、夏の疲れを引きずったりしていませんか?暑い夏は冷たい飲み物を飲みすぎて胃腸が冷えたり、口当たりが良いからと冷たい麺類ばかり食べたりして栄養が偏ってしまいがち。胃腸の冷えは全身の不調を招く原因のひとつです。腸内環境を整えて万全の体調で冬に備えましょう。


「免疫力を上げましょう」と、よく耳にしますね。免疫とは、細菌・ウイルス・毒素などが体内に入り込んでしまったときにそれらの異物を排除し、私たちの身体を守ってくれる仕組みのことです。この免疫システムは、病原体から身体を守ってくれますが、時に健康な細胞を攻撃してしまうことがあります。

 

新型コロナウイルスで重篤化した方のほとんどがウイルスそのものの脅威ではなく、本来は異物に反応して病原体から身体を守ってくれるはずの免疫システムが異常を起こし免疫が暴走することで、健康な細胞までをも攻撃してしまう「サイトカインストーム」により亡くなっていると考えられているそうです。

 

要するに、免疫は上げ過ぎてもダメなわけで、、、バランスを整えることが大切なんですね。秋から冬にかけ、インフルエンザウイルスが流行るタイミングでのコロナ第二波への警戒が叫ばれていますが、症状を重篤化させてしまうサイトカインストームを防ぐ食べ物があると言われています。わかめ・もずく・めかぶ・根昆布などの海藻類です。

日本人にはそれほど特別なものでも何でもないですが、これら『ねばねば』した海藻全般に含まれるフコイダンが注目されています。実は日本人の95%以上が海藻類を分解する消化酵素を持っているそうです。(欧米人は20人に1人)そして、岩のりや寒天・ところてんは、インフルエンザやコロナウイルスといったRNA型のウイルスの増殖を防ぐとも言われています。まごわやさしい食は有名ですが、最近は「まごわやさしいね食」が良いそうですよ。

 

ま…まめ

ご…ごま

わ…わかめ

や…やさい

さ…さかな

し…しいたけ

い…いも

ね…ねばねば^^

 

バランスの良い食生活に加え、免疫を整えるためには、質の良い睡眠・適度な運動など、いろいろと大切なポイントがあるのですが、中でも今回は腸内環境を整えることにポイントを絞ってお話したいと思います。

腸内環境を整えるとなぜ免疫が整うのか?それは、免疫細胞の大半が腸内の粘膜に集中して存在しているからです。つまり腸内環境を整えて免疫細胞を活性化させることで全身の免疫機能の向上に直結しているのです。腸内環境についてはこの連載でも何度も触れていますが、本当に大切なことなので何度でも繰り返しお伝えしますね^^

 

冒頭に、夏場の冷たい飲み物や食べ物は胃腸を冷やし、全身の不調を招くとお話ししましたが、なぜ冷えが不調を招くのでしょう。皆さんも、寒い冬は身体が縮こまり、動きが小さくなったり感覚が鈍くなったりした経験はありますよね。実は腸の中でも同じことが起こっていて、冷たいものばかり摂ると腸内細菌や免疫細胞が寒さに凍え、本来の働きができなくなってしまうのです。

 

腸内環境を整えるためには、「腸を温める」ということも非常に大切になってきます。温かいものを摂るということだけでなく、身体を冷やす作用がある食材もあるので、どんな食材を摂れば良いのかも知っておくと良いですね。身体を温める食材で代表的なのは、ショウガ・レンコン・ゴボウ・味噌・醤油など。

ざっくり言うと、寒い土地が原産のものは身体を温める作用があるものが多いとされています。反対に、暑い土地が原産のものは身体を冷やす作用があるものが多いです。例えば夏にスイカを食べると何となく体温が下がって涼しくなったような気がしませんか^^

 

飲み物や食べ物だけでなく、冷房の使い過ぎや、入浴時にバスタブに浸からないなどの生活習慣によって身体はどんどん冷えてしまいます。体温が1度下がると免疫力はなんと約30%も低下するというデータもあるそうです!驚きですよね。免疫を整えるためにも、中からも外からも身体を冷やさない生活を心掛けましょう。

 

以前この連載でも、腸活について詳しくお話しています。こちらもぜひ併せてお読みください。

今回レシピをご紹介するのは、いろんな食材と好相性の「味噌マヨ」です。味噌は代表的な発酵食品ですが、身体を温める作用があり、さらに味噌に含まれる乳酸菌には免疫細胞を活性化させる効果があります。お味噌汁などで食卓に上がる機会は多いと思いますが、加熱せずにお味噌を食べる機会は意外と少ないのではないでしょうか。

 

この味噌マヨは加熱していないお味噌を食べられるというのがポイント。実は、お味噌に含まれる乳酸菌は加熱せずに摂取する方が効率よく働くことが分かっています。味噌マヨは生野菜スティックにディップして食べるのはもちろん、温野菜やゆでたまごとも相性抜群ですよ。味噌マヨは冷蔵庫に保存してください。この味噌マヨは、おうちにある調味料を混ぜるだけであっという間にできるので、ぜひ作ってみてくださいね♪

~味噌マヨ~

 

【材料】

 ・味噌(できれば手作りなど良質なもの)

 ・マヨネーズ

 ・めんつゆ…少々

 ・砂糖(甜菜糖やきび砂糖など)…少々

 ・七味…お好みで

 

【作り方】

材料を全部混ぜるだけ

 

【分量とコツ】

 ・味噌:マヨネーズ=1:2

 ・その他の材料はお味噌の個性に合わせて加減してください