コロナウイルスの影響で、以前よりもおうちで過ごす時間が長くなっていますね。ストレスがたまって心の元気がなくなってしまいそうな方、いませんか?

 

今回は【アロマの力で暮らしに癒しを】をテーマに、主にアロマテラピーについてお話していこうと思います。食事作りを頑張るママさんたちのために、市販のルーを使わない簡単スパイスカレーのレシピもご紹介しますね♪


アロマオイル(正しくはエッセンシャルオイル、または精油)は、日本では雑貨としてリラクゼーション目的に取り扱われていますが、海外ではメディカルアロマテラピーと言って、精油の薬理効果を治療に役立てているほど一般的で、人体に有効な働きをしてくれるものです。

 

エッセンシャルオイルは気軽に使用でき、その香りを楽しむだけでなく種類によってさまざまな効果が期待できるアイテムです。私も以前から日常的に使用していますが、特にコロナウイルスの感染拡大が報じられるようになってからは毎日取り入れるようになりました。

 

私が自宅で良く焚いている香りはティーツリーやユーカリ。ティーツリー(ティートリー)には強い殺菌力や抗菌力があり、免疫力を高めるので様々な感染症の予防や症状の緩和に効果があります。ニキビや吹き出物の消毒や化膿止め、水虫などにも有効です。すっきりした香りにリフレッシュ効果があるので、精神的な落ち込みや無気力な時などにも力を貸してくれます。

 

ユーカリも、殺菌作用や抗ウイルス作用、消炎作用などに優れているので、風邪や呼吸器系の炎症や感染症に効果があり、咳や風邪の時に胸に塗るお薬には大抵ユーカリが利用されています。爽やかでスッキリした香りが意識を明晰にし、集中力を高めてくれます。

 

筋肉痛や虫刺されにも有効で蚊の発生も防いでくれるという、これからの季節には手放せないアイテムです。香りで気分転換もできるので、おうちの中で過ごす時間が長くなっている今の時期にはピッタリです。

キッチンでは台所用洗剤にレモンの精油を入れていますし、仕事中には集中力や記憶力を高めてくれるローズマリーを、寝苦しい日には鎮静効果のあるサンダルウッド(白檀)やラベンダー、少量で安眠効果のあるペパーミントなどを焚いて眠りにつくこともあります。こんな風にシーンや気分に合わせていろいろな使い方ができます。

 

もうすぐジメジメした梅雨の季節もやってきますね。雨が続いて部屋干しのお洗濯物の臭いが気になるという時に試してもらいたい精油の使い方の一例をご紹介します。洗濯機の柔軟剤投入口に柔軟剤と一緒にレモンやティーツリーなどの精油を数滴垂らすだけ。

 

あとは普通に洗濯します。とっても簡単でしょう?これだけで洗濯物から精油の香りがフワっと広がり、部屋干しのイヤ〜なニオイが気にならなくなります。殺菌効果や浄化作用が期待できる精油を使用するのがおすすめですね。

 

また、小さなスプレー容器に精製水や無水エタノールを入れたものに、リフレッシュ効果のある精油や殺菌作用のある精油を数滴垂らして、お部屋にシュシュっとスプレーしてみてください。雨続きで換気が難しい日でもお部屋の空気を爽やかにすることができますし、頭がすっきりします。

 

スプレー容器はガラス製のものを使用してください。(プラスチックのものは精油が触れることで溶け出す可能性があります。)小さいものだと100円くらいで販売しているものもありますし、ネットでも購入できるので要チェックです

 

さらに、ペパーミントをバスタブに数滴垂らして入浴するのも暑い季節にはおすすめ。精油入りのお風呂に入った後、流さずそのままタオルドライするとペパーミントの清涼感で入浴後がとっても爽やかです。扇風機をかけると更なる爽快感を味わえます。※ペパーミントは皮膚や粘膜を刺激する場合があるので、特にお子さまや皮膚疾患のある方は使用量を少なくしたり、目に入らないようにするなど注意して使ってください。

 

応用編として手浴・足湯もできます。大きめのバケツや洗面器に熱めのお湯をはり、精油を数滴垂らして手や足を温めます。エアコンで身体が冷えている時や、体調が悪くてお風呂に入ることができない日でも手軽にできます。

 

グレープフルーツとブラックペッパーのブレンドは加温効果や代謝UP効果が期待できますし、ジュニパーには利尿作用は発汗作用があり身体の毒素を体外に排出してくれます。

入浴でたっぷり汗をかきたいときは、バスタブに「天然塩大さじ1と精油を数滴(5滴以下)混ぜたもの」をよく溶かして入ります。(半身浴でもO K)よく温まり、免疫力も強化されます。血行が良くなり、湯冷めもしにくいですよ。夏場の暑い時期も身体は意外と冷えているもの。バスタブに入って身体を温める習慣をつけましょう。

 

精油を生活に取り入れるというと、ハードルが高いと感じる方もいるかもしれませんが、活用の仕方は無限です。瓶の蓋を開けて一瞬香りを嗅ぐだけでも気持ちが変わりますし、ハンカチや扇子に一滴垂らして使ったり、香りは脳にダイレクトに届くので名刺や資料に香りを移しておいたりと、使い方次第で日常生活にグッと彩りが加わります。

 

例えば女性なら、更年期障害や月経前緊張症などに有効なネロリや、ホルモンの分泌を調整してくれるゼラニウムなどの精油をお気に入りのハンドクリームに1滴混ぜて塗るだけでもOK!こだわりたい方は、乾燥肌のスキンケアや妊娠線予防などに効果のある精油でクリームを手作りすることもできますね。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<ハンドクリーム>

 

キャリアオイル20ml

蜜ろう4g

エッセンシャルオイル4滴以下

 

ガラス製の器に蜜ろうとキャリアオイルを入れ、混ぜながら湯せんにかける

②蜜ろうが溶けたら粗熱をとり、エッセンシャルオイルを入れて良くかき混ぜ容器に移して冷ます

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

蜜ろうやキャリアオイルは専門店やネットで購入できます。キャリアオイルの分量を増やすことで柔らかいクリームに仕上げることもできます。レシピの分量を参考に、お好みの硬さに仕上げてください。

 

注意点は、レモンやオレンジなどの柑橘精油は太陽の光に当たることで色素沈着(シミ)や炎症などの皮膚トラブルが起こる場合があるので、柑橘精油を使用する場合はご注意ください。

 

まずはお好みの精油を一瓶持って、いろいろな使い方をしてみてください。どんな効能が期待できるのかを理解しておけば、活用の幅がさらに広がりますね。

 

特別な物だと思わず、どんどん使って生活の中に取り入れてみてください。植物の力はとても偉大だということを体感していただけるはずです。

精油初心者の場合、一番のおすすめは資格を持っている方に相談するか、専門店へ足を運ぶことだと思います。アロマテラピーの世界についていろいろ教えてもらうことができますし、お店だと実際に香りを確かめながら選べます。

 

私も資格を持っていますので、ご質問やご相談があればいつでもお気軽にご連絡くださいね。精油は必ず「100%天然」のものを選びましょう。「エッセンシャルオイル」「精油」と表示されているものは基本的に大丈夫だと思いますが、念のため店員さんに確認した方が良いでしょう。ネットで購入する場合も、表示は必ずチェックしてくださいね。

 

精油は種類によって希少価値が違うので、1瓶の容量は同じでも値段が違うのが当たり前。効果なものもあればお手頃なものもあります。たくさんの種類の精油が並んでいても価格が均一だったり、「アロマオイル」といった宙ぶらりんな名称で販売されているものは、購入を避けた方が無難です。是非「ホンモノ」を手にされてくださいね!

 

そして、精油を選ぶ上で大事なこと。それは「好きな香りを選ぶ」ということです。当たり前のようですが、好みの香りというよりも、精油って、つい効能を優先して選んでしまいますよね。ですが、例えばラベンダーにリラックス効果があるからといっても、ラベンダーの香りが好きじゃない方はその香りでリラックスすることはできません。

 

なのでその香りを好きかどうかはとても大切な基準です。そのためにも、実際に店頭で香りを確かめながら選ぶのが良いですね。作用については、花は人間の生殖器、葉っぱは殺菌や抗菌、樹はココロを落ち着かせてくれる、と大まかに覚えておいたら便利です。また、体調によって香りの感じ方も日々変化しますので、その辺りも含めて楽しまれてみてください。

 

エッセンシャルオイルは香りを楽しみ気分転換にも利用できますが、スパイスも香りを楽しむアイテムのひとつです。今回は簡単スパイスカレーをご紹介します。カレーというと市販のルーを使用する方が多いと思いますが、添加物やカロリーが気になるし、味も一辺倒になりがちですよね。でもスパイスを自分でブレンドすれば、食材との組み合わせによってアレンジが無限大です。

 

スパイスの香りで食欲がそそられますし、楽しく簡単に作れるので自粛生活が長引いて食事作りに疲れたママさんにもおすすめのメニューです!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

自家製スパイスカレー(基本のレシピ)

 

【材料】

・玉ねぎ…1

・ミンチ…100gくらい

・スパイス(クミン・コリアンダー・ターメリック)…合わせて大さじ1くらい

・トマト…1

・にんにく…1かけ

・しょうが…1かけ

・おくら…1ネット(その他ほうれん草、キャベツ、豆など何でも)

・豆乳…100ccくらい

・塩

・良質な油

 

【作り方】

フライパンに、みじん切りした生姜とにんにく(両方チューブでもO K)を良質な油で香りが立つまで炒める

みじん切りにした玉ねぎとスパイスを①に加え、強火で、黒く焦げないように、濃い焦げ茶っぽい色になるまでしっかり炒める

ペースト状になった②にミンチを入れて炒め、肉の色が変わりしっかり火が通ったら、ざく切りにしたトマト(皮もそのままでO K)と塩を加えて強火のまま炒める

※豆や野菜はミンチを入れるタイミングで一緒に入れて炒めます。

※塩は割と使います。小さじ1くらいから調整してみてください。

トマトが溶けたら豆乳を加えて塩で味を整えて出来上がり

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

スパイスは、クミン・コリアンダー・ターメリックの3種類があれば基本のカレーは作れます。煮込みカレーではなく火力を必要とする炒めカレーなので、一度に大量に作らず、食べ切れる量をパパッと炒める感じが家庭用コンロで美味しく作るコツです。

 

辛さが欲しい方はカイエンペッパーをプラスするなどアレンジしてみてください。スパイスやハーブは「むずかしそう…」と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、ご近所のスーパーのスパイスコーナーで100200円台でほぼ手に入ります^^

 

ミンチは鶏肉でも豚肉でもあいびきでもOKですし、お魚や豆のスパイスカレーも美味しいですよ。炒めた後に入れる豆乳は、牛乳やアーモンドミルクでもOK!ココナツミルクを使って仕上げにナンプラーを垂らし、パクチーを添えれば一気にアジアンテイストに早変わりしますよ。

 

他にも旬のお野菜を入れてもいいし、きのこ類もおいしい。こんな風に、使うスパイスも具材も自由に選べるのが自家製スパイスカレーの良いところ。我が家の食卓でもよく登場しますが、作るたびに味が違うのが面白いところです。

 

ご飯にかけてカレーライスにしても良いですし、個人的にはナンでいただくのもオススメです。子供は卵黄を入れたりもしています。気負わずに、過程を楽しみながら是非作ってみてください。初めてでも誰でも作れる、失敗しないレシピです^^

 

エッセンシャルオイルやスパイスカレーについては、詳しい本もありますし、最近はインターネットにもたくさんの情報が出ています。おうちで過ごす時間に是非、ご家族で香りの情報収集も楽しまれてみてくださいね。

 

次回は【日差しでさらに美味しくなる!干し野菜の活用法】をお送りします。梅雨が明けたら夏本番ですね!高知の日差しを活かして美味しい干し野菜作りに挑戦してみませんか?次回もお楽しみに!